髪に良い食べ物2 鶏肉

鶏肉には、髪の主成分となるたんぱく質が豊富に含まれてるので、髪を丈夫にするための栄養素がたくさん詰まっていると言えます。髪の毛は十分にタンパク質がないと、弱く崩れやすい髪質になり、さらにひどくなると髪の色が抜けやすくなる場合もあります。今日は鶏肉の良いところまとめました

〇鶏肉は良い♡

牛肉や豚肉も髪の材料となる良質なタンパク質がたくさん含まれており、偏りすぎなければ太い髪の生成に適しています。しかし、脂肪分が多いため良いところ取り出来ないのが残念なところです。
それに対し、鶏肉は良質なタンパク質が含まれて脂肪分が少なめ。さらに頭皮を乾燥から守るコラーゲンも含まれており、育毛に励むなら牛肉より鶏肉。
そんな鶏肉の育毛効果について考えてみました。

〇髪の材料となる必須アミノ酸が摂取できる

髪の99%はアミノ酸が結合してできたケラチンというタンパク質。中でも体内で合成されない必須アミノ酸は、食べ物から摂取する必要があります。
鶏肉には、髪を構成する必須アミノ酸がバランスよく含まれており、そのうえ吸収率もいい。
アミノ酸は髪を構成するほかにも、肝機能を強化して髪の合成を高めたり、髪が成長する睡眠の質を高めたりといった効果もあります。niwatori

〇コラーゲンが毛の生えやすい柔軟な頭皮にする

鶏肉の軟骨と皮、手羽先にはコラーゲンがたくさん含まれています。
皮膚の真皮の70%を占めるコラーゲンは、加齢とともに減少していくので、肌にハリやツヤがなくなり肌の老化現象の一因。とうぜん頭皮は潤いがなくなり髪が育ちにくくなりますが、そのコラーゲンを摂取できるので抜け毛予防にもなります。
また、細胞を繋ぎとめる働きのあるコラーゲンは、血管を丈夫にするので頭皮の毛細血管も強くなり、栄養が末端部まで行き届きやすくなります。
ある試験結果では、51人を対象に1日14gのコラーゲンを2ヶ月間飲ませたところ、 髪の毛が約10%太くなったという報告もあります。

〇髪の生成に必要な栄養素が含まれている

鶏肉には、髪の生成を助けたり促したりするビタミンB2・B6がたくさん含まれており、特にビタミンB6が多い。
また、皮膚や粘膜を正常にたもつ作用があるナイアシンも豊富。ナイアシンは糖質や脂質、タンパク質の代謝を助けて、アミノ酸が髪に合成されるのをサポートするとともに、血行促進作用もあります。
意外なのは、髪の合成に欠かせない亜鉛や、酸素の供給に必要となる鉄が一定量含まれていること。特別に多くはないものの、育毛にはかなり有益なことですね。

〇まとめ

どちらかといえば、鶏肉より牛肉を好む方のほうが多いでしょうが、育毛や健康な頭皮を目指すのであれば、牛肉より鶏肉を選ぶべきですね。
牛肉にも必要な栄養素が豊富に含まれているので、育毛に良くないという訳ではないですが、偏ると抜け毛や薄毛を招きます。なので迷った場合は鶏肉を選びましょう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中